降灰時には、メガネを・・

先日、御嶽山が噴火をしたことが、どのチャンネルでもニュースで、ひっきりなしに放送されていました。
火山灰は人体の健康に大きな影響をもたらしますので、注意が必要です。
灰を吸い込んでしまうと呼吸器系に影響が出そうというのは、イメージがつきやすいですが、実は眼に関しましても注意が必要です。

火山灰は粒子が小さいのですが、一般的な砂よりも先が尖ったりしています。
火山灰が、眼に入って、その眼をこすってしまうと角膜を傷つけて炎症を起こす危険があります。
火山灰が降って来た場合、コンタクトレンズを装用している方は、角膜を傷つけないようにメガネに切り替えることをおすすめします。

また、こういった事態が起きた場合に、メガネに切り替えられるよう、常に眼に合ったメガネは携帯しておくように心掛けましょう。

一人でも多くの方が救助されることを願っております。