飛蚊症について

あなたの眼これだけは知っておきたい眼の病気

 

飛蚊症

飛蚊症とは、モノを見ているときに黒い虫やゴマのような黒い点、糸くずのようなものが眼の動きに合わせて、動いて見える状態のことです。

多くは異常のない健康な眼でも発生する生理的なもので、眼球内部の硝子体(しょうしたい)の濁りによって発生します。
症状が進行しない限りはそれほど気にしなくても良いと思われます。

しかし、時として網膜剥離(もうまくはくり)などの初期症状として現れる場合があります。
網膜剥離は早い段階の発見、治療が重要であり、遅れれば失明する危険もあります。
黒い点、糸くずなどの量が増えた、視力が急に低下した、視野の一部が欠損している、暗い場所でピカピカと光が見えるなどの症状は、網膜剥離の初期症状の可能性があるので、早めに眼科で検査を受けましょう。

 

 

<参考情報>

眼の検査と眼鏡製作のパッケージプランについて