近視(近眼)・強度近視について

あなたの眼これだけは知っておきたい眼の病気

物が見える仕組み 屈折異常について

屈折異常の分類少し難しい話になりますが、眼の屈折について説明してみましょう。

眼は一種の集光レンズの働きをしています。
眼に入ってきた光は、角膜と水晶体というレンズで屈折され、眼の底に『像』を作ります。
眼の底には網膜というフィルムに相当する感光膜があり、この情報を脳に伝えることで、物が見えるのです。

眼の屈折の狂い(近視・遠視・乱視)がなければ、この像はピントの合った状態になっています。
私たちの眼は、正常な状態(正視)だと遠くに合うように作られていますから、このままでは、近くがはっきり見えません。

そこで『調節』といって、水晶体をふくらませることで近くにピントを合わせます。
このように正常な場合は、メガネなしで1.2の視力が保てますし、近くも自分の力で楽々見ることができるのです。

 

 

近視・強度近視

正常な眼の網膜には遠くの景色が良いピントで結像します。
ところが、何かの理由で眼の奥行きが長過ぎになったり、屈折する力が強過ぎになったりすると、ピントの良い像が網膜より前方にずれてしまいます。

これが近視と呼ばれる『眼の屈折異常』です。
通常、10~15才頃から発症し、25才頃まで進みます。

近視になると、近くは良く見えても、遠くが見にくくなります。
程度にもよりますが、裸眼視力の低下によって黒板の字が見にくいというような不自由や、時によっては危険を感じることもあります。

近視は、凹レンズを用いたメガネかコンタクトレンズで矯正することができます。
近視手術でもある程度視力を回復することができますが、矯正効果が一定にならないという問題があり、眼科医の中でも評価が分かれているようです。

メガネレンズによる補正

 

近視の方向けメガネはこちら