緑内障について

あなたの眼これだけは知っておきたい眼の病気

眼の病気はここで起こります

眼の病気はここで起こります

緑内障

緑内障は、何らかの原因で視神経に障害が起きて見える範囲が狭くなる病気です。

眼圧の上昇がその病因の一つといわれています。
眼の中には血液のかわりとなって栄養などを運ぶ、房水と呼ばれる液体が流れています。
眼の形状は、この房水の圧力によって保たれていて、これを眼圧と呼びます。
眼圧は多少変動しますが、ほぼ一定の値を保っています。

一般的に開放緑内障では、自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。
視神経の障害はゆっくりと起こり、見える範囲も少しずつ狭くなっていくため、眼に異常を感じることはありません。

しかし、急性閉塞隅角緑内障では急激に眼圧が上昇し眼の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状を起こします。
時間が経つほど治りにくくなるので、このような発作がおきた場合はすぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。

視神経が受けるダメージ

緑内障の視野のイメージ画像

 

 

 

 

<参考情報>

遮光メガネはこちら

眼の検査と眼鏡製作のパッケージプランについて