網膜剥離について

あなたの眼これだけは知っておきたい眼の病気

眼の病気はここで起こります

網膜剥離

網膜剥離とは、眼球の内側にある網膜という膜が、何らかの原因で網膜色素上皮細胞から剥がれて、視力が低下する病気です。

網膜の剥がれは痛みを伴わないため気付きにくいのですが、前兆として飛蚊症や、視野の欠損、視力の低下が現れたり、目がチカチカとすることがあります。

加齢や糖尿病網膜症、ぶどう膜や眼内腫瘍などの病気、事故やボールが目に当たるなど、強い力が目や頭部に加わることが原因で引き起こされます。

いずれも網膜の裂け目(網膜裂孔)が網膜剥離の第一歩となります。

手術によって多くの網膜剥離は対処することがさせることができます。
一度の手術で網膜が元の位置に戻らず、複数回の手術を必要とすることもあります。

網膜剥離は、治療が早ければ早いほど手術も簡単で、視力を取り戻しやすく、影響も少ないので、早期発見が大切です。
前述の前兆が現れたときは、早めに検査しましょう。

手術後に目を動かしても、手術の結果に大きな影響はありませんが、少なくとも1ヵ月は眼を休め、その後3ヶ月程度は眼内の状態を安定させるために、できるだけ安静にすることです。

眼の断面図

 

 

<参考情報>

眼の検査と眼鏡製作のパッケージプランについて