加齢黄斑変性(AMD)について

あなたの眼これだけは知っておきたい眼の病気

眼の病気はここで起こります

眼の病気はここで起こります

加齢黄斑変性症

眼の中で、物を見る中心となる重要な部分を黄斑(おうはん)といいます。

眼の中で、物を見る中心となる重要な部分を黄斑(おうはん)といいます。

黄斑は視力にもっとも関わりが深く、また色を識別する細胞もほとんどこの部分にあります。

加齢黄斑変性は、黄斑の加齢に伴う変化によっておこる疾患で、高齢者の失明原因のひとつです。

脈絡膜から発生する新生血管と呼ばれる異常な血管(脈絡膜新生血管)を伴うタイプと、新生血管を伴わないタイプに大別されます。

高齢者に多く発症することから、黄斑、特に、網膜色素上皮細胞の加齢による老化現象が主な原因と考えられています。

黄斑の中でも特に重要な中心窩に病態が現れている場合、視力の低下は著明です。
早期に治療を開始すると、良好な視力が保たれる傾向にあります。

現在アメリカでは、黄斑変性症による目の病気で多くの人が視力を失っています。
日本では、「糖尿病網膜症」が失明原因として最も多いのですが、最近では50歳代から黄斑変性症が増加し始め、高齢化と共に急増しています。

黄斑変性症という目の病気と症状

正常な見え方黄斑変性症は、見ようとするものがゆがんだり、中心部がぼやけてしまい、視界が狭くなります
黄斑変性症は、見ようとするものがゆがんだり、中心部がぼやけてしまい、視界が狭くなります。
両方の目で見ると、あまり気にならないことがあるので、必ず片目づつで確かめます。
眼中の「網膜」から出血が多い場合、見え辛くなる範囲が大きくなり、 さらに進行すると、徐々に視力が低下してきます。
【 黄斑変性症の症状 】

  • 視界がゆがむ
  • 視力が低下する
  • 視野が部分的に見え辛くなる
  • 周りは正常だが、見ようとするものが見えない

 

加齢黄斑変性症 自己チェック

読書をする距離で、片方の目だけで中心の点を見る。
(老眼鏡を使ってもOK)

加齢黄斑変性症 自己チェックシート

  1. 部分的に線が曲がって見える
  2. 部分的にゆがんだり、ぼやけてる
  3. 格子が部分的に欠けて見える

いかがでしょうか。
左右それぞれチェックした結果、1つでも当てはまる事項がある場合、黄斑変性症の可能性があるので、眼科の診療を受けてください。

 

 

<参考情報>

遮光メガネはこちら

眼の検査と眼鏡製作のパッケージプランについて