疲れ目・VDT症候群について

あなたの眼これだけは知っておきたい眼の病気

 

疲れ目・VDT症候群

VDT症候群(VDT:Visual Display Terminals 別名:テクノストレス眼症)とは、パソコンディスプレイを長時間使った作業などにより、眼や身体、心に影響のでる病気です。

オフィスワークに長時間従事する人にとって、VDT症候群は深刻です。

ディスプレイを見続けることは、眼精疲労が起こりやすく、眼の痛みや充血、かすみなどの症状や視力の低下がみられます。
凝視する事により、まばたきが減り、ドライアイの原因ともなります。

また、眼だけではなく、首、肩や腕のこりや痛み、だるいなどの症状が起こり、慢性的になると、腰痛や背中の痛み、手指のしびれ、便秘や下痢が続いたりイライラや抑うつ状態、不眠などいろいろな症状に進展します。

VDT作業中は適度に休憩をとり、こりを感じたら軽く体操をすると良いでしょう。
きっちりと目的に合った度のメガネを使用する事と、ブルーライトをカットするレンズも勧められます。

 

 

<参考情報>

眼の検査と眼鏡製作のパッケージプランについて