眼の検査と眼鏡製作のパッケージプランについて

40代から心がける眼の成人病対策

眼科医

眼の病気は気が付かないうちに進行し、重症化することが多い。

若いころはそれほど問題無いと思っていても、40歳を超えると眼の病気を患う危険性はグンと高まります。
40歳を過ぎたら定期的に検査を受けるようにしましょう。

私たちの日常生活において、眼は非常に重要な機能を持っています。
人は8割の情報を眼から取り入れていると言われます。
視力を失うということは、ただ単にものが見えなくなるということではなく、ほとんどの情報からシャットアウトされ、自立した生活ができなくなるということです。

 

特に以下のような方は検査を受けることをお勧めします

  • 強い近視を持っている
  • 親戚に緑内障の人がいる
  • 糖尿病を患っている
  • 煙草を吸う
  • コレステロール値が高い

 

以下はひとつでも当てはまると眼疾患の可能性があります

  • まっすぐの線が歪んで見える
  • 目の前に黒い点が飛んでいるように見える
  • 視野が欠けて見える
  • 外に出るとまぶしいと感じる
  • 物がダブって見える
  • 距離感がつかめず、転んだことがある
  • 目がチカチカする

眼は2つあります。
片眼に異常があっても、反対の眼がカバーしてしまうので、自覚症状の無いまま、眼の病気が進行してしまう事が多々あります。

身体と同じく、加齢により眼の病気も増えます。
例えば、日本人の失明原因のトップである緑内障は40歳以上の20人に1人が患っていると言われますが、相当に視野が欠けているのに自覚症状が無く、8割が病状に気が付かなかったと言われています。

眼の病気は、早期発見、早期治療がとても重要です。
メガネのメンテナンスと合わせて、定期的に眼科検診をされることをお勧めします。

 

眼科検診内容

所要時間は30分ほど、検診費用は3割負担の方で2,500~3,000円程度です。

  1. 視力検査
  2. 屈折検査(近視乱視等)
  3. 眼底検査(緑内障白内障糖尿病網膜症加齢黄斑変性症網膜剥離、網膜道明硬化症等の眼病、また動脈硬化など)
  4. 眼圧検査(緑内障、虹彩毛様体炎など)
  5. 細隙灯顕微鏡検査(角膜、結膜、虹彩、水晶体等の傷や炎症、緑内障白内障など)

<眼科検診セットプランはイイノビル本店、フコクビル店のみで行っております>

 

<参考情報>

眼鏡と屈折異常・目の病気の関係について