老眼鏡

メガネには医療的な側面とファッション的な側面があります。

メガネにとって最も大切な要素はもちろん快適に見えること、すなわちビジョンケアですが、だからと言って、流行に取り残されてしまったり、似合わないメガネを掛け続けるのも頂けません。

まずは目の状態を丁寧に検眼し、お客様一人一人に数あるレンズの中から最適な設計のものを選択、オーダーします。
それからゆっくりとご希望のデザインや出来上がりのイメージにそったフレームを選定しその後きめ細かく調整し、お顔にフィットさせます。

 

老眼鏡

通常、近方を見る為に水晶体を膨らませてピントを合わせますが、40台半ばになりますと水晶体の弾性が損なわれていき、見たいモノが見ずらくなります
その不足分を補う為に、遠方度数に凸レンズ度数を足したメガネが老眼鏡(最近はシニアグラスとも言います)です。


アイポイントゲージ

 

 

 

<参考情報>

取扱メガネレンズはこちら

乱視の方向け眼鏡はコチラ