人間の見る事ができる最小の物

 

人間の目は,0.1mmの大きさの物を、25.4cmはなれたところで見わけられます。

また,人間の目は、直径3~4ミクロン(0.003~0.004mm)の穴から入る明るい光を見わけられます。
なお、ギネスブックには1972年の西ドイツ、シュツットガルト大学の報告で、1.6km以上離れた人を誰であるか見分けた女子学生がいたとあります。