1年で、眼鏡の度はどのくらい合わなくなるのでしょう?

 

[2016.01.29]

年齢・眼疾患の有無・見え方の満足度により個人差がかなりあります。

年齢でも20歳未満であれば身長の変化が大きいように(ない方もいらっしゃいますが)眼も成長期であるため、その直径(眼軸)が長くなることによる近視化をするものですし、40歳以上であればピント調節力が低下し徐々に近方が見づらくなります。

その変化がどのくらいかと言われると、それぞれ「身長が1年で何センチ伸びますか?」、「筋力はどのくらい落ちるの?」と聞かれているようなもので、個人差が大きくて正直なところ「わかりません」とお答えするしかないです。

基本的には「見えづらいな」「疲れるな」という症状を感じたら視力検査を受けることが重要だと思います。

レンズのずれであれば眼鏡を新調すれば済みますが、実際に視力検査をして低視力なため眼科受診をおススメした結果、白内障・緑内障など眼疾患が原因だったというケースはありますので、1年に1度は眼鏡の見え方チェックをされることをお勧めします。

 

眼鏡と屈折異常・目の病気の関係」はこちら

「眼の検査と眼鏡製作のパッケージ」はこちら