高価な老眼鏡と安価な老眼鏡の違いとは?

 

[2016.01.08]

100円ショップで扱っている既製品の老眼鏡は、左右同度数であり、レンズの光学中心は本来眼に合わせるものをフレーム自体に合わせて作られています。

乱視も含まれませんので大多数の方にはなんとなくしか合わない眼鏡であるため、長時間の使用で疲れ目を感じたりすることがあります。

スペアとしてやルーペ代わりに持つのは構わないと思いますが、あまりお勧めはできません。
また最近は読書距離以外にPC画面やテレビも見たいなどご要望も多様化しているため、レンズの上部から下部にかけて度数が違うレンズ設計が多くなっており、そのような設計のレンズの方がやはり高額になります。

ただし使用感やご満足度も上がりますので、その点はお試しいただけるとご理解いただけると思います。
近方を見ない日はなく、毎日必ず使用されると思いますので、多少コストをかけても快適さにこだわっていただいてよいのではないでしょうか。

 

取扱いメガネレンズはこちら

取扱いメガネフレームはこちら

格安メガネ店と高田眼鏡店の違いはこちら