眼鏡の鼻の部分が痛くなるのですが対処法はありますか?

 

[2016.02.06]

原因はいくつかありそれにより対処法は異なります。
よくあるのはフィッティングのずれによるものです。

枠が広がっていたり、曲がっていたりすると、左右のパットが片側だけ跡がついたりするなどバランスが悪くなることにより痛みを感じてしまいます。

その場合おそらく耳の後ろも左右でバランスがズレてしまいどちらかが当たりすぎ赤くなるなどということが起こると思います。

ぶつけたり・踏んだりなどは防げないこともありますが、眼鏡は片手で外さず両手で必ず外す、外したらケースに必ずしまうということに気を付けていただくだけでも充分ずれにくくなりますので、ぜひご留意ください。

また眼鏡自体が大きいことや、材質的に重量が重いことが原因の場合は抜本的に解決するは難しいのですが、鼻のパットをシリコン素材のモノにすると当たりがやさしくなると思います。

セル枠など鼻あてがないフレームの場合は、鼻の当たる部分に専用の滑り止めシールなどを貼ることで圧迫感などが軽減しますので、お試ししても良いかと思いますので是非ご相談ください。

 

「自分に合ったメガネの選び方」についてはこちら

取扱メガネフレームはこちら

メガネの修理・レンズ交換・調整はこちら