初めて眼鏡を買う際、何に気を付ければよいか

 

[2016.01.05]

眼鏡はフレーム・レンズ・フィッティングの3点が重要となります。
まずフレームですが、初めての場合、丈夫さ、手入れのしやすさを重視していただき、フルリムタイプをおススメすることが多いです。

フチなしなどリムレスフレームは眼鏡拭き、掛けはずしの際ネジ1本1本に力がダイレクトに加わる為、比較するとレンズが欠けてしまったり、ネジが緩みやすいといった問題が起こりやすく、ある程度眼鏡の使用に慣れてからの方がおススメです。

次にレンズですが、薄さ・設計・コートが主なポイントとなります。
薄型の材質になるほど色収差などが強くなるなど弊害もありますし、乱視に強い設計のレンズなどもあります。
どのような時に使用しどのような見え方を希望されるかによりおススメのレンズは変わりますので、できるだけ詳しくお話を伺い、最適なレンズをご提案させていただきます。

最後にフィッティングですが、これが一番重要です。
お顔幅に合わせてあるか、鼻あての角度はあっているか、眼と眼鏡のレンズとの距離は離れすぎていないか、耳のかかり具合は耳に沿ってあわせているかなど気を付ける点は多く、どこか一つでも合ってないと眼鏡が下がりレンズの焦点からズレてしまい、見え方に不具合が生じてしまいます。

初めての眼鏡はどうしても違和感を生じてしまうものですが、髙田眼鏡店ではお客様と共に納得できる眼鏡を探し、快適な生活の一助になりたいと考えております。

 

取扱いメガネレンズはこちら