レンズには、どんな種類があるの?

 

[2014.07.09]

凸レンズ・凹レンズがあります。
凹レンズ、凸レンズともに、レンズのかたちにはそれぞれ「ダブルレンズ」「フラットレンズ」「メニスカスレンズ」の3種類があります。

現代のメガネレンズ は、一般的に「メニスカスレンズ」が使われています。
その理由は、他のレンズより収差が少ないこと、外観がよいこと、フレームへの枠入れ加工がしやすいことなどのメリットがあるからです。

ちなみに、「両眼視」が正しくできるためには、両眼の視力に大きな差がないこと、および近くのものを見たとき、両眼の視線を集中できることが必要です。

両眼の視線が集中できない目(斜視)や、両眼の視力の差が大きい目(不同視)は、遠近感や立体感が十分ではないことがあります。
このような場合は、けがや事故を起こしやすいので注意が必要です。

こうした場合、大人はこれまでの経験から距離感をある程度は補えますが、子供の場合は経験も不足していますので、とくに注意が必要です。

 

 

<参考情報>

取扱いメガネレンズはこちら

メガネを掛けると頭痛、肩こりがするはコチラ

眼鏡の保険適用と医療費控除はコチラ