お子様にも紫外線対策を!

 

紫外線対策としてもその効果が期待されているサングラスへの意識は高まっているものの、何か大事な事が置き去りにされている。
そう、ジュニアたちのサングラスだ。

サングラスに対する偏見も根強く残っているものの、サングラスのアイガードという役割を改めて認識する必要がある。

今にはじまったことではない。紫外線対策は地球規模で取り組まれている。

世界保険機構(WHO)も当然、「SUN PROTECTIN」という啓発活動を行い、その中でも子供の紫外線対策の重要性を訴え続けている。

特に育ち盛りの子供達は、大人に比べ細胞分裂も活発であることから、環境に対して敏感に反応してしまう。
しかも生涯にあびる紫外線量の大半を18歳までにあびるとの報告がと寄せられているだけに、子供たちにこそ紫外線対策求められる、ということだ。

子供達の健やかな健康の一端を担う、ジュニア用サングラス。ファッショングラスとして楽しめる。

求めやすいアイテムも数多くりリリースされているが、大切な子供のためにも、品質とアイガード機能に重点を置いたアイテムが必要だ。

さぁ、ランドセルを置いて、サングラスを掛けて外に出よう!